目指せ下半身ダイエット!下半身が太る理由



目指せ下半身ダイエット!下半身が太る理由

上半身はそれなりなのになぜかむっちりしている下半身。

そのバランスの悪さに、下半身ダイエットをしなければ!と日々奮闘している方は
少なくないでしょう。

それにしてもなぜ下半身にばかり脂肪がついてしまうのでしょうか。

一言でいうと普段の生活の中で筋肉を使わない部分だからです。

普段腹筋を使っていますか?内ももは??
お尻と太ももの付け根付近はどうでしょうか。

普段下半身の動作はたいてい「歩く」「立つ」「座る」です。

そう考えると悩みのパーツのほとんどを生活の中で活用する機会がないことが
分かります。

また通常太る時は全体的に脂肪がつきますが、体の一部分にだけ脂肪が
ついてしまうのには骨盤のゆがみや普段の姿勢が悪いなどの理由があります。

加えて塩分の多い食事を好んでいる人に下半身太りが多いようです。

つまり下半身太りは、筋肉を使う機会が少ないこと、そして体の老廃物がうまく
排出されずむくんでしまっている状態の二本立てから成るようです。

ではどうしたら下半身ダイエットができるのか。

まずは当然ながら下半身だけを意識せずダイエットを始めると良いでしょう。

塩分を控え、塩分を排出するカリウムが豊富な食材(海藻・果物・大豆製品)や
筋肉を形成する良質なたんぱく質(白身魚・ささみ・卵)を摂取することでむくみを
予防する。

無理のない範囲から運動やストレッチを始め筋肉を使う機会を増やす、など。

積極的に下半身を使うウォーキングやスイミングはオススメです。

凝り固まった筋肉をほぐすのに市販のコロコロローラーを使うのも良いです。

その日のむくみはその日のうちに解消しておきましょう。

ただ、実はテレビでよく見る強い揉みだしマッサージは逆効果です。

例えば長年えんぴつを使い続けると「ペンダコ」ができますよね。
ゴルフをしていると手に「マメ」ができることもそうですが。

それと同じの作用で、一定部分に強い刺激を与え続けてしまうと体が防衛反応を
起こし、ますます脂肪を硬く・厚くしてしまうようです。

表面からどんなに強くつまんでも脂肪は消えません。
つぶれることもありません。

リンパの流れを良くする意味でマッサージをすることは効果的ですが、あくまでも
ストレッチ程度に留めましょう。

それからダイエットをすると真っ先に脂肪が落ちてしまうのが【胸】であり、
下半身には最後の最後まで脂肪が残っています。

ですから急激なダイエットはますます上半身を貧弱にし、下半身の太さを
際立たせてしまいます。

下半身ダイエットのコツは無理せず継続することです。

少し心がけるだけでいつのまにかほっそり下半身を手に
入れられるかもしれませんね。

簡単ダイエット方法はこちら


スポンサー





HOME - 運営者情報 - リンクについて - サイトマップ